10/1(日) 0:00~9:00
 メンテナンスのため、サイトが一時的に表示ができなくなります。
 また、朝のメール配信の時間がずれる可能性があります。予めご注意・ご了承ください。


F1144・魔法使い養成学校

実生活に活かすための、『地に足の着いたスピリチュアル』の学び場

会員登録/ログイン
F1144・魔法使い養成学校

ガイドの憑依

スピリチュアルワークに関する研究を深めていったところ、
『技術』として、
『ガイドや、ハイヤーセルフを、人間に対して憑依(降臨)させることができる』
『高次の存在の憑依(降臨)のやり方を、人に教えることができる』
ということが判明しました^^


ここでいう『ガイドの憑依』とは、
「人間の体感覚を知るための、ガイド向けのワーク」
 (ついでに、通常のチャネリングよりも遙かに深い情報を降ろせる)
というものであり、
元々は
『ガイドのためのワーク』
です。

技術としては『フルトランスチャネリング』に通じるものがあり、
深い憑依を行えば行うほど、フルトランス化していきます。


いわゆる、霊媒体質の人の『憑依現象』と、『ガイドの憑依』とは、「別」ですので、ご注意ください。


『ガイドの憑依』と『フルトランスチャネリング』の違い

『ガイドの憑依』は、通常のチャネリングとは、「そもそもの目的」が根本的に異なるものです。


基本的に、『通常のチャネリングの目的』は、
「高次の存在から情報を降ろすこと」
「高次の存在に対して情報を伝えること」
であり、
「高次の存在との間で受け渡すのは、あくまでも『知識』『ビジョン』『理解』といったレベルでの情報」
です。


また、『通常のチャネリングでの繋がり先』は、
「チャネラー側の高次の存在」
「クライアント側の高次の存在」
「その他の霊」
などなど、
特に制限がなく、様々です。



一方、『ガイドの憑依の主目的』は、
「ガイドに、『人間ってこうなんだ!』というのを理解してもらうこと」
「ガイドに、『人間の体感覚』を知ってもらうこと」
であって、
「『ガイドの憑依』において、精度の高い情報のやり取りは、おまけ的要素」
です。


繋がり先も、基本的には、
「チャネラー自身のガイドか、または、チャネラー自身のハイヤーセルフのみ」
ということになります。

(もっとも、技術的には、それ以外の存在を憑依させることも「可能」なのですが・・・)




その他に、『ガイドの憑依』の場合、
「チャネラーの意識を、比較的物理次元に近いところに残した状態で、ガイドの魂を入れる」
ということを行うため、
「ガイドの憑依は、フルトランスチャネリングに比べると、比較的コントロール可能」
(人間の側で、ガイドの言動を制止することができる)
です。



こうした諸々の違いにより、
「『ガイドの憑依』≠『フルトランスチャネリング』」
と、定義しています。

※ガイドの憑依の深さは、慣れてくれば自在に変化させることが出来ます。
 深く降ろせば降ろすほど、フルトランス化していきます。



・・・というわけで、
「フルトランスチャネラーがやっている『憑依』と、ここで言う『ガイドの憑依』は、別物」
であり、
同様に、
「『手だけ憑依』(=自動書記)や『口だけ憑依』も、ここで言う『ガイドの憑依』とは別物」
 (これらは、「通常のチャネリング」の範疇)
ですので、ご注意ください^^


『ガイドの憑依』と『憑依現象』の違い

霊媒体質の人が遭遇する『憑依現象』(霊に取り憑かれておかしくなる現象)は、
以下のような特徴があります。
・人間の側ではコントロール不可
・誰が入ってくるのか選べない
・本人も自覚がないうちに、一瞬で身体を乗っ取られることがある


雑霊による憑依現象の結果、暴力的・破壊的な存在に身体を乗っ取られ、トラブルを起こす人もいるようですが・・・

同じ『憑依』という言葉が使われていても、「憑依現象と、ガイドの憑依は、全くの別物」です。

(用語が似ていて紛らわしくはありますが、『ガイドの降臨』と言うのもなんかイメージが違うので・・・(^^;)



なお、『ガイドの憑依』の派生形で『自己憑依』という技術があり、
こうしたスキルを習得することで、霊媒体質の改善に役立つかもしれません(これに関しては、現在、研究中です)。


『ガイドの憑依』による人間側のメリット

あくまでも『オマケ』としてですが・・・

ガイドの憑依を行うことで、人間の側にも、以下のようなメリットがあります。
・『チャネリング能力アップ』
・『エネルギー体の強化』
・『ガイドとの信頼関係の向上』
・『スピリチュアルな世界に対する確信が深まる』
・『ガイドに、自分の身体を通して「お手本」を見せて貰うことができる』


どれ1つとっても、
『「そのためだけにでもガイドの憑依を行う価値がある」と言えるほど、強力なメリット』
ではありますが、
本質的には、
「『ガイドの憑依』は、あくまでも、『ガイドのためのワーク』である」
ということをお忘れ無く!


『ガイドの憑依』の注意点

『ガイドの憑依』は、「多くのガイドにとって、未知のワーク」です。


そのため、ごく稀に、
ガイド側が原因で、
「喋り方が分からない上に、人間の身体からどうやって抜けたら良いかも分からない!」
という問題が起こることもあります。


基本的には、
『人間の身体の中に入っている状態を維持する方が大変(ちょっとしたことで抜けてしまう)もの』
であり、
よっぽど深い憑依(多重憑依)を行わない限り、一晩寝て起きたらまず抜けますが・・・


念のため、
「『ガイドのエネルギーを抜く方法』(終了の仕方)をマスターするまでは、1人で練習しない」
というのを強く推奨しています。



【F1144・魔法使い養成学校】の講師は、「ガイドのエネルギーの抜き方」をサポートできますので、
ガイドの憑依に興味のある方は、
といった『対面イベント』への参加をご検討くださいね^^