10/1(日) 0:00~9:00
 メンテナンスのため、サイトが一時的に表示ができなくなります。
 また、朝のメール配信の時間がずれる可能性があります。予めご注意・ご了承ください。


F1144・魔法使い養成学校

実生活に活かすための、『地に足の着いたスピリチュアル』の学び場

会員登録/ログイン
F1144・魔法使い養成学校

チャネリング

チャネリングとは

『チャネリング』とは、
「自分以外の存在と繋がり、メッセージを送ったり、その返事を受け取ったりする技術」
「高次の存在とのコミュニケーションスキル」
です。


一口に『チャネリング』といっても、実は色んな種類があり、
大別すると、
意識を保ったまま他の存在と繋がり、チャネリング中の記憶も覚えている
『コンシャス・チャネリング』
と、
チャネリング時に意識を失い、その間の記憶も保持しない
『アンコンシャス・チャネリング』
が、あります。


(エドガー=ケイシー氏やダリル=アンカ氏、恐山のイタコさんなんかは、アンコンシャスの代表格ですね)



どちらも一長一短がありますが、ここ【F1144・魔法使い養成学校】では、『日常生活に活かす』ということを視野に入れて、
「意識と記憶を保ったまま繋がる『コンシャス・チャネリング』の習得を推奨」
しています。

意識を保ったままチャネリングできるのであれば、
例えば
「打ち合せの真っ最中に、仕事に対するアドバイスをガイドに対して求める」
などといった形で、日常的にチャネリングを活用できますからね^^

チャネリングで繋がることができる存在

チャネリングの技術を用いることで、
『ハイヤーセルフ』
『ガイド』
『神様』
『天使』
『妖精』
『精霊』
『自分以外の人間の潜在意識』
『自分の過去生』
『音楽や絵、小説などの創作物』
『会社やグループなどの組織意識体』
『財布や洋服、食料品といった物』
『宇宙人(宇宙意識)』
『惑星意識』
などといった存在たちと『コミュニケーション』を取ることができるようになります。


ここに挙げたのは一例で、これ以外でも、
おおよそ想像できるたいていの存在とはコンタクトが取れますが、
「チャネリングは、あくまでも、対象の存在の『潜在意識』『無意識』と繋がるもの」
であり、
「人間同士のコミュニケーションツールとして使うには、精度に疑問がある」
というのは注意点です。

チャネリングとダークサイドの存在

人間にも『ポジティブ思考の人』と『ネガティブ思考の人』がいるように、
高次元の存在の中にも、
『ネガティブな高次元意識』
『ダークサイドの存在』
『悪神』
などがいます。


また、いわゆる
『悪霊』
『動物霊』
『ネガティブな残留思念』
などもいるため、
こうした存在に不用意に繋がってしまうと、あまり良い結果をもたらさない可能性が高いです。

(指導者クラスの人でも、ダークサイドに繋がっている人はいっぱいいます)



【F1144・魔法使い養成学校】の提供している講座では、そうしたネガティブな存在から身を守りつつ、
『ポジティブな側の意識体と、安全に繋がり、交信する方法』
について学んで頂きます^^

チャネリングと才能

通常のチャネリング(日常的に使う程度のチャネリング)を習得するにあたっては、特別な才能は不要です。


チャネリングは、『読み書き』や『車の運転』同様、
基本的には、
『適切なトレーニングを続ければ、誰でも習得できる技術』
です。


多くの人がチャネリングができない(と思い込んでいる)のは、単純に、
「チャネリングを教えてくれる学校が近くになかった」
「自分に合う教習所が近くになかった」
というだけの話なのです。



ただし、
『チャネリングのスキルと、セッション(セラピー)のスキルは、別』
『チャネリングが向かない人(習得に時間が掛かる人)もいる』
『プロのチャネラーとして活躍するためには、ある程度の才能と、大量の努力が必要』
というのは注意事項です。

チャネリングと知覚特性

人は、それぞれ「得意な知覚タイプ」が異なります。


例えば、「情報を『視覚(ビジョン)』で受け取るのが得意な人」もいれば、
「『聴覚(声)』で受け取るのが得意な人」もいます。

また、「『体感覚(温度の変化やゾクゾク感、匂いなど)』で受け取るのが得意な人」もいます。


『自分の得意な(適性のある)知覚特性』をメインに用いてチャネリングを行っていくと、より上達が早くなりますが、
「物質世界での得意な知覚タイプと、超感覚での得意な知覚タイプは、必ずしも一致しない」
というのは注意点です。



なお、「(教える側も含めて)そもそも、こうした特性があることも知らない人が多い」というのが現実で、
例えば、『教える側が無知な視覚優位タイプで、学ぶ人が聴覚優位タイプ』だったりすると
「どうして見えないの!?」
「見えないのは修行が足りないからです!」
などと言われたりします(^^;

(「教える人と、教わる人の、適性の分野が違うことによる行き違い」が起こっているだけなのですけどね)



まずは『知識』として、こうした「得意なタイプの違い」が存在するということを知っておくことで、
学びが容易になると共に、
無用なストレスからも解放されることになります^^

チャネリングの活用例

生きていれば、日々、色んなことが起こりますが、
チャネリングを習得しておくと、
「何故、それが起こっているのか?」
「どのように対処していけば良いのか?」
というのを、高次の存在に対して尋ねることができるようになります。

(もちろん、「自分で考えなさい」と言われることもあります(^^;)



ここでは、『チャネリングの活用例』についていくつか紹介したいと思います^^


学びのためのチャネリングの活用


例えば、
『宇宙の仕組み』や各種『法則』、
「自分は今後どんなことに対して学びを深めて行ったらよいのか?」
「自分の天命は何か?」
「今起こっている出来事から、どんなことを学び取れば良いのか?」
「今気になっているセミナーに参加したり、本を読むことで、自分に必要な情報は得られるか?」
などといったことは、
チャネリングのスキルを使って、自分のハイヤーセルフに尋ねれば答えてくれます^^

こうした『学びのための情報提供』に関しては、基本的には、ハイヤーセルフやガイドはとても協力的です^^


セッションにおけるチャネリングの活用


仕事としてのセッションや、あるいは日常生活で相手の悩み相談に乗る際になど、
『相手のハイヤーセルフ』
にコンタクトすることで、
その人にとって必要なアドバイスを教えて貰うことができます。


仕事におけるチャネリングの活用


仕事を始める前に、
「この仕事は自分がやるべき仕事か?」
「努力すれば上手く行く仕事か、それとも、そもそも手を出すべきではない仕事か?」
「あの人はビジネスパートナーとして信用に足る人物か」
などというのを知ることが出来ます。

また、面接を行う際なども、履歴書を通じてのチャネリングや透視を行うことで、
雇う前にその人がどんな人かを知ることができます。


日常生活におけるチャネリングの活用


「部屋の観葉植物が水を欲しがっているかどうか」
「スーパーで買い物する際に、これから買おうとしている食べ物は、自分と相性が良いか」
「出かける際に都合の良い(上手く流れに乗れる)日はいつか」
などを聞くこともできます^^

チャネリングコースの概要

「チャネリングを学びたいんだけれども、遠方に住んでいて通うのが難しい」
「講座が高すぎて手を出せない」
という方向けに、
『メールによる、安価な通信制のチャネリングコース(月5,000円)』
を創りました^^



コースの内容としては、基本的には、
『メールによる通信講座(ケータイ可)』
となります。


毎日一通、約1500字~2000字程度のメールが30日に渡って届きます。


詳しくは【有料メールセミナー『チャネリングコース』 】をご参照ください^^
【有料メールセミナー『チャネリングコース』 】