F1144・魔法使い養成学校

実生活に活かすための、『地に足の着いたスピリチュアル』の学び場

会員登録/ログイン
F1144・魔法使い養成学校

魔法の☆エネルギーワーク

このドキュメントは、『F1144・魔法使い養成学校』が提供するアチューンメントを受けた方向けの
『フォローアップ資料』
です。



そのため、基本的には、「F1144・魔法使い養成学校のアチューンメントを受けた方向けの内容」となっていますが、
「エネルギーワークにおける一般的な知識は、アチューンメントを受けた人以外にも参考になる」
ということもあり、
情報のシェアという位置づけで、一般にも無償公開することにしました。



なお、本テキストは【PDF形式】での配信になりますので、パソコン・スマートフォンのみの対応となります。

アチューンメントを受けた方の中で、「プリンタを持ってないよー」という方は、
こちらで印刷して郵送しますので、メールまたはお問い合わせフォームよりご連絡ください^^

ダウンロード

無料テキスト『魔法の☆エネルギーワーク』
→ダウンロードはこちら(PDF)

→印刷用(2分割表示)バージョンはこちら(PDF)


※一部の機種を除いて、ケータイではダウンロードできません。(スマートフォンは可)
 対応機器をお持ちでない場合は、ネットカフェ等をご利用いただければと思います。



→旧アチューンメント情報記載分(PDF)

テキストの目次

1 はじめに
1.1. このドキュメントについて
1.2. アチューンメントの申し込み方法
1.3. 関連する学びについて
2 スピリチュアルワークに関する基本的な知識について
2.1. スピリチュアルな世界と物質世界の関係
2.2. スピリチュアルな世界の基本的な構造
2.3. 高次の存在について
(コラム)高次の存在は万能ではない・1
2.4. エネルギーワークに関する概要
2.5. チャネリングに関する概要
2.6. その他のスピリチュアルワーク
(コラム)信じなくても効果がある
2.7. 超感覚の知覚タイプについて
2.8. 自由意思について
(コラム)病気や貧乏を望む人たち
2.9. 自分の体験を優先させることの重要性
2.10. 能力と人格は関係が無い
2.11. スピリチュアルな世界における技術革新
(コラム)レイキの新バージョン
3 エネルギーワークの基礎知識
3.1. ヒーリングと浄化について
(コラム)ヒーリングは医療行為ではない
3.2. エーテルコードのカットとプロテクションについて
3.3. エネルギーの扱い方について
3.4. エネルギーの使い分けについて
3.5. エネルギーの『質』と『量』について
3.6. エネルギーの体感について
3.7. 好転反応について
(コラム)エネルギーの源泉が潰れることもある
4 アチューンメントについて
4.1. アチューンメントとは
(コラム)アチューンメントを受けないとエネルギーが扱えないか?
4.2. アチューンメントの質について
4.3. ライトワーカーの選び方について
4.4. エネルギーの選び方について
4.5. アチューンメントの受け取り方
(コラム)アチューンメントを受けた方が良い人、受けてはいけない人
(コラム)高次の存在に対する教育の必要性
(コラム)高次の存在は万能ではない・2
5 ヒーリングセッションの実践
5.1. ヒーリングを行う際の注意点について
5.2. 効率良くエネルギーを流すためのポイント
≪ワーク≫エネルギーを拒否する実験
(コラム)受け手の同意を得ることについて
5.3. ヒーリングセッションの流れについて
5.4. プロとして活動することについて
(コラム)検証することの大事さ
6 エネルギーワークに関する応用知識・実践
6.1. エネルギーグッズ製作について
(コラム)神社のお守りについて
6.2. 浄霊について
(コラム)退魔師の行き着くところ
6.3. 知覚を開くためのトレーニング法
≪ワーク≫視覚強化トレーニング
≪ワーク≫ガイドとの文通
≪ワーク≫体感覚強化トレーニング
≪ワーク≫エネルギー肩もみ(2人用)
≪ワーク≫超感覚強化トレーニング(2人用)
おわりに

関連する学びについて

アチューンメントに併せて、
を、受講されることをオススメします。


特に、スピリチュアルな能力を最大限使いこなしていくためには、『チャネリング』の修得は必須といっても過言ではありません。

すでに一度コースを完走された方も、ぜひ繰り返して学んでいただければと思います!

質疑応答について

内容に関して、分からない部分や迷った部分が出てきた場合、【ガイドのメッセージ伝達サービス】(有料)をご利用ください。

アチューンメントのお申し込み

【アチューンメント】ページのフォームよりお申し込みください。