F1144・魔法使い養成学校

実生活に活かすための、『地に足の着いたスピリチュアル』の学び場

会員登録/ログイン
 
F1144・魔法使い養成学校

魔法使い養成学校について

ここ【F1144・魔法使い養成学校】は、
エネルギーワークチャネリングダウジングなどの『スピリチュアルに関する技術』について、
『実生活に活かすために学ぶ場』
です。


学ぶのに相応しい場


主に、
『メールセミナー』
『電子テキスト(PDF)』
といった形で、
「地方(田舎)に住んでいる人でも学べる環境」
「多忙なビジネスマンなど、時間に余裕が少ない人でも学べる環境」
「学生や主婦など、経済的に厳しい人でも学べる環境」
を提供しています^^


オリエンテーションと入学試験について

F1144・魔法使い養成学校について

入学までの流れ


【F1144・魔法使い養成学校】における”前提”

【F1144・魔法使い養成学校】では、以下の前提で話を進めています。

・スピリチュアルワークの大半は、習得可能な技術である
・死後の世界は、存在する
・霊的な存在は、実在する


最終的には、
「自分自身でチャネリングを習得して、死後の世界や非物質存在は本当なのかを自分自身で検証する」
ということを、
ぜひ、各自で行って頂きたいのですが・・・


『学ぶ過程』においては、「入り口(死後の世界があるかどうか等)」で引っかかってしまうとなかなか先に進めないため、 とりあえずは「そういうものだ」と思って学びを始めていただければ幸いです。


高次の世界側の変化

2016年を過ぎた辺りから、
『高次の指針』
『高次の方針』
などが、
その向きを変えてきています。



『昔』の高次の存在たちの姿勢

「全ての人を霊的に覚醒させよう」
「ひとり残らず、人間を救済しよう」
「そのために、スピリチュアルなスキルや知識をどんどん人間に伝えていこう」



『今』の高次の存在たちの姿勢

「人間に対して、スピリチュアルなことをたくさん伝えてきたけど、曲解されるし、お金儲けの道具にされるし・・・」
「伝えるのを止めた方が、むしろ、人間にとって良いかもしれない」



高次の方針変更の結果、「スピリチュアルな学びが人間にとって無価値なものになったか?」というと、
決してそんなことは無く、
「『エネルギーワーク』『チャネリング』『意識の扱い方』などは、便利な『スキル』として、今もまだ有用」
です。



ただし、
「(学びに対する)高次のサポートが少なくなっているので、学ぶのが大変」
「(スキルを扱うことに対する)高次のサポートが少ないので、品質が低下しやすい」
などといった問題があるため、
「昔に比べると、スピリチュアルな学びに対する費用対効果は低くなっている」
とも言えます。



これから学び始める人は、こうした点にご注意の上、取り組んで頂ければ幸いです。

 →(参考記事)高次の世界における「方針大転換」について
 →(参考記事)「現代のエネルギーワーク」と「霊的資源の枯渇」について


『魔法使い』の定義

当サイトは、【魔法使い養成学校】と銘打っていますが・・・

そもそも、魔法使いA-Ki☆。の定義する『魔法使い』というのは、
『スピリチュアルと現実のバランスを取り、
 心の成長・魂の進化はもちろんのこと、現実世界でも豊かに過ごしていける人』
のことです。


同時に、ここで言う『魔法使い』は、
『”決して、スピリチュアルは万能なんかでは無い”ということを、正しく理解し、
 スピリチュアルワークの限界について弁えている人』
のことでもあります。


世の中には、スピリチュアルに過度な期待と幻想を抱いて、
「人生がどん底で、運命を変えるためにスピリチュアルな学びを始めました」
「経済的に厳しいので、無料で学べるスピリチュアルを探していました」
「人間関係で苦しんでいた時に、タイミング良くスピリチュアルに出会いました」
などと言い出す人が多いのですが・・・


しかしこれこそがまさに、その人の『人生が上手く行かない理由』であり、
実際には、
『「スピリチュアルに逃げている」から、上手く行かない』
『運命を変えたかったら、「現実的な努力をすること」が大事』
『むしろ、そういう人は「スピ断ち」をした方が良い』
というケースがほとんどなのです(^^;



スピリチュアルワークでできること

『スピリチュアルワークでできること(起こること)』の一例を挙げると、以下のようなものがあります。
・病気や怪我の痛みを自分で和らげることができる
・勘が鋭くなる
・世の中の本質が見えてくる
・視野が広くなる
・相手が何を考えているのか手に取るようにわかる
・物やお金に縛られにくくなる
・大いなる存在のことを体感できる
・迷った時に、高い精度のアドバイスを得られる
・運気の流れに狙って乗れるようになる

スピリチュアルワークでできないこと

逆に、『スピリチュアルワークできないこと』としては、
『霊障やエネルギー以外が原因で起こっている、ありとあらゆる事象は解決できない』
『スピリチュアルだけで経済環境を上向かせることはできない』
『スピリチュアルだけで人間関係を好転させることはできない』
などです。


要は、
「怪我をして血を流しているときに、風邪薬を飲んでもしょうがない」
「風邪を引いて頭が痛いのに、切開手術をしても意味が無い」
というのと同じことですね。

『スピリチュアルな能力』 = 『技術』

多くの人が、
 『「スピリチュアルは、選ばれた人だけが習得可能な特別なこと」という”誤解”』
をしていますが・・・


実のところ、『スピリチュアルワーク』は、
 『車の運転同様、誰でもトレーニング次第で習得可能な”技術”」』
です。


世の中にはまだまだ『ホンモノのスピリチュアルワークを教えてくれる環境』が少ないので誤解されがちですが、
『スピリチュアルワーク』というのは、
「英語の勉強」
「自転車に乗る練習」
などと同じレベルで、
『適切な環境で、十分に努力を積み重ねれば(←ここ重要)、スキルとして身に付けることができるもの』
なのです^^
基本的な知識やトレーニングについては、
無料メールセミナーの
F1144・魔法使い養成学校オリエンテーション 魔法使い養成講座
などで紹介していますので、
興味のある方はこちらを受講してみてください^^


『プロのライトワーカーに求められるレベルのスキル』について

例えば、
「怪我をしたときに痛みを和らげ、自己治癒を促進させる程度のヒーリング」
「日常の悩みを解決する程度のチャネリング」
程度であれば、
この世界に興味を持っている人なら、
『外国語の読み書き同様、学べば誰でも身につけることができるレベルのこと』
です。


しかし、
「スピリチュアルワークを提供する側になりたい」
「一瞬で膨大な量を高次の世界から降ろしてきて、それをスムーズに人間の言葉に翻訳したい」
「難病を癒したい」
というのであれば、
『プロとしての在り方』が求められるようになり、
『それなりの「才能」を要求された上で、さらに、「人並み以上の努力」が必要』
『スピリチュアル以外にも、経済やコミュニケーションについての学びも必要』
ということになってきます。


これは、スポーツの世界や、あるいは音楽の世界でも、同じこと。

「プロとして活動するのであれば、どんな業界に属するにしても、相応の才能と努力を要求されるもの」なのです。


なお、当サイトの【魔法使い養成講座・基礎編】や【チャネリングコース】といった『メールセミナー』は、
あくまでも、
 『自分の日常生活を良くするための学び』
が、中心であり、
セッション時の注意点や、提供側として気を付けるべきことなどには、ほとんど触れていませんのでご注意ください。

 →(参考記事)【「提供側になりたい人」に向けての話】


『「スピリチュアルに関わらない」という条件で地球に降りてきた人』について

自己判断がやや難しいところではあるのですが、
どうやら、世の中には、
『「スピリチュアルなことに関わらない」という約束で、地球に降りてきた人』
というのも、少なからずいるようです。



【F1144・魔法使い養成学校】では、
『入学試験』の時点で、
「スピに全く関わらないという約束で地球に来ていないか?」
についても審査しています。

 (『入試』も『不合格』も、『ギフト』なのです。)



ただし、オリエンテーション合格した人であっても、
中には、
『「ある程度のことを学んだらスピリチュアルから離れる」という約束をしてきた人』
も、
いるかもしれませんので、その点は各自で注意してくださいね。


 →(参考記事)【魔法使い養成学校を退会して「やるべきこと」に集中しよう】


関連ページ

 ・「状況の変化」と「情報の劣化」
 ・高次の世界における「方針大転換」について
 ・「現代のエネルギーワーク」と「霊的資源の枯渇」について
 ・魔法使い養成学校を退会して「やるべきこと」に集中しよう
 ・チャネリングについて
 ・エネルギーワークについて
 ・エネルギーグッズについて
 ・ダウジングについて
 ・浄霊について
 ・浄化について