F1144・魔法使い養成学校

実生活に活かすための、『地に足の着いたスピリチュアル』の学び場

会員登録/ログイン
F1144・魔法使い養成学校

ダウジング

『ダウジング』とは、
『何らかの道具を用いて、通常の知覚では知り得ないような答えを得る技術』
のことで、
この技術を用いれば、
「初心者でも比較的手軽に、ハイヤーセルフやガイド、神様、精霊、その他様々な存在と交信することが可能」
です。


ざっくり言ってしまうと、
『チャネリング + 増幅器 = ダウジング』
みたいな感じですね^^



人間は、誰でも『超優秀なセンサー』を持っているものですが、
『本心の声』はとても小さいので、
多くの人は、そうした声を拾うために、ある程度の『トレーニング』を積む必要があります。


しかし、ペンデュラムを始めとした様々な『ツール』を使うことで、
「本心の小さな声を「増幅」して大きくすることができる」
「情報を「目に見える形」にすることができる」
のです^^

振り子(ペンデュラム)を使ったダウジング

『ダウジング』とひとことで言っても、
ペンデュラムを使ったダウジング」
スパイラルロッドを使ったダウジング」
L字ロッドを使ったダウジング」
など、色々種類があります。



僕が主に扱っているのは、
「ペンデュラム(振り子)を使ったダウジング」
です。

ペンデュラム


ペンデュラムを使ったダウジングでは、
様々なチャートを用いることで、
『YES/NO』
のみならず、
『数字』
『色』
『場所』
などを測定することも出来ます^^

ダウジングで出来ることの一例

ダウジングを用いることで、例えば、以下のようなことが可能です。
・自分の深いところの心の声を聞く(打算、計算、恐れ、遠慮などを全て外した状態の『本心』を知る)
・自分に合ったサプリや、化粧品を選ぶ
・エネルギーの強さを知る
・対面で、相手の本心を知る(もちろん、相手の許可があった上で)
・会ったことがない人の情報を遠隔で得る
・人と人との相性を知る

日常生活におけるダウジングの活用

日常、「AとB、どっちにしようか?」と迷うことがあったときに、ダウジングを活用するととても便利です。


たまに、「ダウジングで決めるのは良くない。自分で決めないと意味がない」などと思っている人がいますが、
それはダウジングの基本的な原理を勘違いされているからそう思われるわけで(^^;

決してペンデュラムが答えを導き出してくれるのではなく、あくまでもこれは『増幅器』なのです^^



ダウジングでは、
『「どこに繋がって質問するか」が非常に重要』
なのですが、
質問の際に「接続先を『自分の本心』に設定」すれば、
『エゴや打算・計算を全て抜きにして、自分の本心がどう思っているのかを知ることができるもの』です。


それをしっかり理解しておけば、
例えば、
「あっちの会社とこっちの会社、どっちに就職しようか?」
「あの人との取引を進めて良いものか、それとも止めておいた方が良いか?」
「イベントの日取りをいつにしようか?」
などといった感じで、
日常疑問に思ったことを、片っ端からダウジングで紐解いていくことができるようになります^^



・・・なお、もちろん、
「『本心』に繋がったとしても、その『本心』が根本的な勘違いをしていれば、結果もその通りに出てしまう」
ということになりますので、
「ダウジングだけを鵜呑みにしない(=自分が正しいという思い込みを捨てる)ことも大切」
ですよ^^

ダウジングの注意点

これからダウジングを始める方は、以下の点に注意して下さい!


●慣れないうちは、「結果は、自分にとってのみ有効な値」と思っておくこと


いくらダウジングの敷居が低いといっても、
ある程度慣れるまでは、
「『思い込み』の影響を受けやすいもの」
です。

ですから、最初のうちは、
ダウジングで得られた値は、「自分にとってのみ有効な値」と思っておくくらいでちょうど良いでしょう。



●質問の創り方、相性、自分の成長度、基準値の設定などによって結果が大きく変わってくる


ダウジングは、「敷居が低い反面、非常に奥が深いもの」です。

ダウジングを実践していく上では、
「『いかに上手に質問を創ることが出来るか』というのが大事なポイント」
になります。


例えば、
「私は○○です」
「私も○○です」
というように、一文字違っただけで、全く別の質問になってしまうのです。


質問を創る際のポイントは、「他の解釈の余地が無いような、的を絞った質問にすること」です^^



●ダウジングの結果を用いて、「あなたはこうするべきだ」などと言わないこと


ダウジングに限ったことではありませんが、
スピリチュアルな能力や技術を、他人をコントロールするために用いるのは御法度です。

そんなことをしても、相手から引かれて、友人がいなくなるのがオチですからね(^^;



●「相手と自分、どっちがレベル高い?」という競争意識は、ノイズとなり、結果を歪めてしまう


エゴが入ると、結果は容易に歪んでしまいます

ダウジングを用いることで、
「その人の精神性の高さ」
「魂の進化度」
なども測ることが出来てしまいますが、それを競争のために用いても何の意味もありません。


得られた情報は、
「自分自身の成長や進化のため」
「より豊かに物質世界を過ごすため」
にのみ、使用するよう心掛けてください^^

スピリチュアルワークとダウジングの併用

スピリチュアルワークにダウジングを組み合わせることで、
「『情報を多角的に検証』(ダブルチェック)することが可能」
になります。


例えば、
「チャネリングの際に、自分が今、どこと繋がっているのかを知る」
「オラクルカードを引いた際に、カードから伝えたいメッセージを全て受け取れているかどうか知る」
「アチューンメントを受けた際に、本来のエネルギーの何%扱えるようになっているかを知る」
「チャクラやオーラの調整を受けた際に、正しく調整できているかどうかを知る」
などなど。


自分でダブルチェックするだけでも信頼度は上がりますが、
それに加えて、信頼できる第三者に測定(トリプルチェック)してもらって同じ結果が出れば、
測定結果の精度がさらに高まるとともに、自分の能力に対して確信が深まっていきます^^

スピリチュアルな世界の「見える」化

ダウジングは、
「目に見えない世界を、目に見える形で表現してくれるツールの1つ」
ですので、
『視覚優位タイプ』の人と、とても相性が良いのも特徴です^^


自分のために使えるのはもちろんのこと、
「セッションの際に、クライアントに視覚的に訴えることができる」
というのも、
ダウジングのメリットの1つです^^

ペンデュラムの選び方

『ペンデュラムの選び方』に関しては、
「試しに振ってみて、なんとなく気持ち良ければOK」
です^^


パワーストーンもそうですが、個人との相性がありますので、
他の人に合う石が、必ずしも自分にも合うとは限りません

そして、値段と相性が比例するわけでもありません

だから、「自分の感覚に従って選ぶのが一番」ということになります。


もし、身近に『エネルギーの相性を観れる人』『自分に合ったオーダーメイドのペンデュラムを創ってくれる人』がいる場合には、その人に相談に乗ってもらうのは良い手でしょう^^



なお、ペンデュラムはあくまでも
『増幅器』
『ツール』
ですから、
極端な話、ダウジングに精通した人であれば、
5円玉に糸をつり下げたものであっても、それなりに情報を受け取ることが出来るものです。


プロフェッショナルとして(仕事として)測定するときには、
やはりそれなりに道具にも気を配りますが・・・

個人的には、「趣味として始めるに当たって、いきなりあまり高価な石を買う必要も無い」とは思います^^

ダウジング講座について

【ダウンロードページ】に、ダウジング講座の資料とチャートがありますので、
ダウンロードして印刷の上、ご自由にお使いください^^


また、ダウジング講座の様子を【動画セミナー】にアップしていますので、よろしければこちらもご覧下さい^^